MENU

腎機能が低下すると数値が高くなるクレアチニンとは

医師

みなさんは、健康診断を受けた後に結果を見るようにしているでしょうか?

 

中には、「再診などがなかったし、問題ないだろう」と、特に内容を見ないまま放置してしまう人もいると思います。しかし、それでは自分の体の中で起こっている変化にいち早く気付くことはできないのです。

 

色々な数値があって、見てるだけで目が痛くなる…。
そう思ってしまうところですが、腎臓も肝臓と同じように末期になるまでなかなか自覚症状を出してくれない臓器の1つです。そんな沈黙の臓器を守るためにも、クレアチニンの知識だけでも頭に入れておきましょう。

腎機能が低下すると数値が高まるクレアチニンとは?

クレアチニンといえば、腎臓と深い関係のあるものです。CREと表記されていることが多いので、この数値だけでもチェックしてみましょう。

 

そもそもクレアチニンとは何か、というと老廃物の1つです。筋肉中の物質から排出され、本来であれば腎臓でろ過されて尿と一緒に体外へと排出されていきます。筋肉と関わりのある老廃物であるため、筋肉量が多くなりやすい男性の方が数値が高めです。

 

では、クレアチニンの正常値を、男性と女性それぞれの場合でご紹介しましょう。

 

・男性…0.65〜1.09
・女性…0.46〜0.82

 

この数値内であれば安心してもよいでしょう。ただし、正常値でも高めの数値となっている場合は、できれば腎臓を労る習慣を身につけることをおすすめします。

 

クレアチニン数値の測定は、血液検査により行われるものです。腎臓が元気な状態であれば、血中のクレアチニンをどんどんろ過してくれるため、数値が高くなることはありません。しかし、腎臓機能が何らかの影響によって低下するとクレアチニンのろ過もできなくなり、血液中のクレアチニン濃度が高くなるのです。

 

クレアチニンの数値が高い場合に考えられる病気

・急性腎炎(または慢性腎炎)
・腎不全
・尿路結石(または尿路閉塞疾患)
・心不全

クレアチニンの数値が低い場合に考えられる病気

・尿崩症
・筋ジストロフィー

 

クレアチニンが高くても低くても、重大な病気の可能性が考えられます。
数値に異常がある場合は医師の診断をしっかり受けましょう。

クレアチニンクリアランスについて

腎臓の健康を維持するためにもう1つチェックしていただきたいのが、クレアチニンクリアランスの数値です。正常値は以下の通り。検査結果にはCCRと表記されているので、その数値を確認してください。

 

・CCR正常値…70〜156

 

これは、腎臓がどのくらいの血液をろ過しているかを判断するための数値です。そのため、クレアチニンの数値と違って、低い方が腎臓機能が低下している可能性が高くなります。万が一この数値が低い場合は、次のような病気が疑われるので、注意してください。

 

・腎硬化症
・糸球体腎炎
・糖尿病性腎症
・膠原病による腎障害
・尿路閉塞による腎障害

 

万が一数値が50〜60の場合は、軽度の腎障害である可能性が高まります。
30以下になると重い腎障害と診断され、医師による適切な治療が必要になるでしょう。

 

ちなみに、高いほど良い数値ですが高すぎるのも問題となります。正常値を越えて高くなっている場合は、糖尿病の初期段階、先端巨大症などが隠れている可能性もあるため注意してください。また、妊娠していると高値になりやすいので妊娠中に数値が高い場合は気にしなくても大丈夫です。

 

このように、クレアチニンの数値で手軽に腎臓の状態をチェックできます。普段なかなか意識できない場所であるからこそ、健康診断を受ける度に確認することが重要です。これを習慣づければ、仮に腎機能が低下したとしても早く異変に気づき、対策できるでしょう。

 

⇒腎臓に良いサプリメントランキングはこちらから
 腎臓が気になる方におすすめのサプリメント

 

クレアギニンEX

クレアギンEXの説明



 ⇒クレアギニンEXの公式サイトはこちら