MENU

腎臓に負担をかけないように気をつけたいこと

腎臓への負担についての説明する医師

腎臓への負担、考えたことがありますか?腎臓は尿を作る器官として有名ですが、それ以外にもいろいろな役目を持っています。ここが弱ってしまえば、私達の健康的な生活に大きな支障が出てしまいます。

 

では、どのようなことが腎臓への負担となるのでしょうか。

腎臓を過労状態にするな!

腎臓にはいろいろな役目があります。
そこに加えて自分で負担をかけてしまったら、腎臓が過労状態になってしまいます。
人間と同じで、腎臓だって過労の状態になれば100%の力を発揮することなど到底できません。

 

では、どのようなことが過労へと追い込むのでしょうか。

食事のとりかたに気をつけよう

腎臓への負担で一番気をつけなくてはいけないのは食事です。
必要以上にたくさん食べたり、飲んだりする暴飲暴食はNGです。

 

また、夜遅い時間に食事をしたりするのもあまりよくありません。
ダラダラといつまでも食べているのも腎臓へ負担をかける食べ方です。

 

朝昼晩ときっちり3食、食事の時間をしっかりと作って食べること。
食べるときにはよく噛んでゆっくりと食事をするようにしましょう。
ちなみに夕食は、早めにとるのがいいですよ。

食事の内容にも気をつけよう

いくら食べる時間を気をつけてもゆっくり食べても、
その食事の内容が腎臓に負担をかけるものだったら意味がありません。

 

脂っぽいものばかりを食べたり、肉食中心の食生活をしていると、
それだけで腎臓に負担をかけてしまうことになります。
なぜなら、そのような食事をするといわゆる「ドロドロ血」になってしまうからです。

 

⇒腎臓のはたらきをサポートするための栄養を摂ろう

 

このドロドロ血をろ過してくれるのが腎臓の役目なのですが、
それがひどくなればなるだけ負担も大きくなってしまうのです。

 

腎臓のことを考えるのであれば、ご飯を主食にし、
一汁一菜で野菜を中心にしたメニューを考えるのがいいでしょう。
また、腹八分を目安にしておなかいっぱいにはしないようにするということも大切になってきます。

 

心当たりがあるものはありませんでしたか?
悪い習慣を続けていけばその分腎臓に負担がかかり続けてしまいます。
ぜひ、心当たりがあった人は、それを改善できるように努力してくださいね?

 

⇒腎臓に良いサプリメントランキングはこちらから
 腎臓が気になる方におすすめのサプリメント

 

クレアギニンEX

クレアギンEXの説明



 ⇒クレアギニンEXの公式サイトはこちら