MENU

腎臓の機能が低下するとどんな症状が現れるのか?

腎臓も弱ってくるとなんらかのサインを出します。これに気づけるかどうかで、その後の対処も変わってきます。では、腎臓が弱ってくるとどのような症状が出てくるのかを見てみましょう。

特に気をつけたい足の変化

腎臓の説明をする医師

一番気をつけたいのは足の変化です。腎臓と足なんて関係ないんじゃ?と思うかもしれませんが、腎臓に異常が出始めると足に変化が見えてきます。

 

まずは足の裏をみてください。そして、その足裏の中央付近を押してみてください。ここにシコリがあったり押すと激しい痛みがあったりする場合には腎臓の機能が低下しています。

 

また、足の中指を見た時に、他の指に比べてむくんでいたり、足裏方向に向かって曲がっていたりしたら腎臓を疑いましょう。足の指の中指は腎臓に関係しているのです。

 

一見、気づきにくいかもしれませんが、腎臓からの大事なSOSですから十分注意してみましょう。

尿が泡立つ

尿をしたときに、それが妙に泡だっていたら危険です。尿が泡立つのは、腎臓のろ過機能が低下している証拠なのです。腎臓は毒素をろ過して体外へ排出する大切な器官。ここが弱れば、毒素が体の中に留まることになってしまいます。

 

常に尿はチェックして、少しでも異常を感じたら、早めに病院に行くようにしましょう。

 

⇒腎臓の機能を高めるためのおすすめサプリは

疲労感や吐き気がある

風邪を引いたか、あるいは胃や腸といった消化器官の異常かと思いがちですが、実は腎臓の機能が低下した場合もこの症状が起きます。胃や腸に特に問題がないのにこうした症状が出た場合には腎臓を疑ってください。腎不全を起こしている可能性があります。

 

腎臓というのは、病院で検査を受けたとしても、その機能が50%以下にならないと異常のサインが出ません。腎臓がおかしい、とわかったときにはもう手遅れ…ということもよくあります。

 

見逃しやすいサインがたくさんありますが、少し気をつければ見つけることができるものです。腎臓のことを考え、またよく見て、日々体のためにはたらく腎臓の異常を感知できるようにしていきたいですね。

 

⇒腎臓に良いサプリメントランキングはこちらから
 腎臓が気になる方におすすめのサプリメント

 

クレアギニンEX

クレアギンEXの説明



 ⇒クレアギニンEXの公式サイトはこちら