MENU

腎臓の機能を低下させてしまう要注意な食事とは?

食べ物について考える女性

腎臓の働きを促進するために有効な食べ物はもちろん注目したいものですが、中には真逆な効果を発揮してしまう食べ物もあるってこと、ご存知ですか?

 

本当の意味で腎臓を労っていくためにも、腎臓機能向上を邪魔してしまう厄介な食べ物についても、しっかり把握しておきたいものですね。

タンパク質は腎臓に負担をかける!?

タンパク質といえば人間にとってのエネルギー源のひとつですね。脂肪になりにくいので、ダイエットの時にも重要な栄養素としてよく知られています。

 

そんなタンパク質ですが、摂取しすぎてしまうと腎臓に負担をかけてしまうので注意が必要です。
最も危険なのは炭水化物を減らして、タンパク質が多い食事を続けてしまうこと。

 

これを続けていると、エネルギーとして使っている炭水化物が足りなくなり、
多くのタンパク質をエネルギーに転換して使うようになる関係で、
腎臓への負担が大きくなってしまうのです。

やっぱり過剰な塩分は腎臓に良くない!

腎臓は体内における余分な塩分を排出してくれるところ。
だからこそ、塩分を過剰摂取してしまうとそれだけ腎臓はたくさん働かなければならなくなります。
あまりにも腎臓を働かせすぎてしまえば、機能低下を招きやすくなることは言うまでもありません。

 

また、塩分を過剰に摂取するのは血圧を高めるおそれもあるため、健康にもよくありません。
腎臓をいたわりつつ、体全体の健康維持のためにも塩分が高い食事ばかり摂取するのは控えるようにしましょう。

 

⇒腎臓のはたらきをサポートするための栄養を摂ろう

プリン体も腎臓には良くない成分?

プリン体とは、尿酸値を高める原因となる成分です。
実はこれ、色々な食材に含まれているものなので、なかなか調節が難しいものでもあります。

 

例として、プリン体が多く含まれている食材と言われているのは牛のもも肉や納豆など。
特にお肉をよく食べる人などは注意した方が良いかもしれないですね。

 

毎日肉ばかりの食事…というように偏ってしまうことなく、
バランスの良い食事を心がけることで、プリン体の過剰摂取も防いでいくことができるでしょう。

 

⇒腎臓に良いサプリメントランキングはこちらから
 腎臓が気になる方におすすめのサプリメント

 

クレアギニンEX

クレアギンEXの説明



 ⇒クレアギニンEXの公式サイトはこちら