MENU

高血圧は腎臓の機能低下が原因かも

生活習慣病の1つと言われている高血圧。
実はこの高血圧、腎臓と深い関係があると言われています。
このページでは、高血圧と腎臓の関係についてお話していきましょう。

腎臓が持つ3つの働きが血圧と関係している?

腎臓には、水分とナトリウムを調節する働き、血圧を調節するホルモンを分泌する働き、末梢血管の抵抗の3つの働きがあります。これらの働きが低下すると、高血圧に繋がると言われているのです。

水分とナトリウムを調節する働き

高血圧の人は、塩分の摂取しすぎに気をつけなければいけませんね。腎臓は、体内の水分とナトリウムの排出をして調節する働きを持っていることはご存じでしょうか。

 

しかし、腎臓機能が低下すると、この働きが正常に行われなくなってしまいます。その結果、水分とナトリウムの排出も上手くできなくなり、血圧上昇に繋がってしまうのです。

血圧を調節するホルモンを分泌する働き

腎臓は血圧を上げるホルモンを作るのに必要なレニンという酵素を分泌しています。この酵素によって、血圧は一定の数値に保たれているのです。腎臓機能が低下すると、同時にこの調節機能が低下するため高血圧に繋がってしまいます。

末梢血管の抵抗

皆さんは腎臓の作りがどうなっているのかご存じでしょうか?腎臓には細い血管がいくつも張り巡らされています。この血管を末梢血管と呼び、ここでいらないものを含んだ血液がろ過され、綺麗になって心臓へと戻っていく仕組みになっているのです。

 

腎臓の機能が低下するとこの働きも当然低下します。その結果、末梢血管が硬くなってしまうため、血流が悪くなるのです。これが、更に血圧上昇を招くことになります。

 

⇒腎臓の機能を高めるためのおすすめサプリは

腎臓機能が低下すると、高血圧の悪循環にはまりやすい

上記でご紹介した通り、腎臓機能が低下すると腎臓における様々な機能が低下します。その結果、血圧が上昇してしまうことに繋がるのです。そして更に、血圧が上昇すると腎臓に負担がかかってしまいます。そのため、余計に腎臓機能が低下してしまうのです。腎臓機能が低下すると、高血圧になってこのような悪循環に陥りやすくなります。

 

日頃から腎臓に良い栄養素などを積極的に摂取して、腎臓を労ることを心がけていきましょう。特に、腎臓に負担がかかっていると感じている人は、注意してみてくださいね。

 

⇒腎臓に良いサプリメントランキングはこちらから
 腎臓が気になる方におすすめのサプリメント

 

クレアギニンEX

クレアギンEXの説明



 ⇒クレアギニンEXの公式サイトはこちら