MENU

むくみは腎臓の機能低下のサインかも

むくみに悩む女性

腎臓の機能が低下すると、尿に異常が出る…というイメージが強い人は多いでしょう。しかし、実は腎臓の機能が低下した時に現れる症状はそれだけではありません。

 

特に、立ち仕事や座り仕事をしている女性の多くが悩まされることの多い、むくみ。腎臓機能が低下すると、むくみの症状も現れることがあるのです。

 

ここでは、腎臓とむくみの関係性についてお話していきましょう。

一時的なむくみなら問題なし!

立ち仕事や座り仕事などを長時間続けていると、仕事から帰った後は両足がむくんでしまっている…ということ、よくありますよね。また、アルコールを飲んだ翌日に顔がむくんでしまう、というのもよくあることです。

 

このようなむくみの症状、原因は血流の流れが悪くなっていたり、体の中の水分のめぐりが悪くなってしまうことにあると言われています。つまり、長時間立ち続けていたり、同じ姿勢のままでいると血流が悪くなってしまいますし、アルコールを飲み過ぎると水分の流れが悪くなるため、むくみへと繋がってしまうのです。

 

足のむくみは夕方から夜にかけて、アルコールによるむくみは朝起きたときに起こりやすいもの。しかし、こうしたむくみは一時的なものなので、マッサージをしてあげたり、ゆっくりお風呂に浸かるなどして血流を良くすると解消へ繋がります。

 

こうした一時的なむくみについては、特に問題視する必要はないでしょう。ただし、マッサージを続けていても全くむくみが解消しなかったり、常にむくんでいる状態が続いているという場合は注意が必要です。

腎臓機能低下のサインとなるむくみとは…?

本来、腎臓は体内において必要なものと不必要なものとを分ける最後の砦と言える機能を果たしています。腎臓には糸球体というものがあり、これがあることで腎臓に流れてきたものをろ過することができるのです。このろ過機能で、体に必要なものは体内に摂取され、不必要な物だけが排出されていく仕組みになっています。

 

しかし万が一、腎臓の機能が低下していたとしたら、どうなるでしょうか。当然、腎臓のろ過機能が低下してしまうため、うまく老廃物や有毒な物質を取り除くことができなくなります。その結果、体の中に老廃物や毒素がたまり、血流の悪化や水分のめぐりの悪化を招くのです。

 

このようなむくみは、一時的なものとは違って、マッサージなどで血流を良くしても改善することができません。つまり、慢性的にむくみの状態が続くことになるのです。

 

万が一、なかなかむくみが取れないことに悩まされていたり、慢性的なむくみを感じている場合は、腎臓の機能が低下している可能性があります。このようなむくみが続いている場合は、腎臓の健康について考えてみると良いでしょう。

 

⇒腎臓の機能を高めるためのおすすめサプリは

慢性的なむくみが気になる…そんなときは?

上記でご紹介した通り、むくみがなかなか改善されないことに悩んでいる…という場合は、腎臓機能が低下していることを疑ったほうが良いでしょう。特に、むくみの症状と一緒に尿に異常が出ていたりする場合には注意が必要です。

 

この場合は、できるだけ腎臓を労る生活を心がけていきましょう。生活習慣の改善、バランスの良い食事、適度な運動などを意識して、腎臓の健康維持に努めてください。

 

また、腎臓に良いとされている成分が豊富に含まれたサプリメントも近年注目されるようになってきています。日頃から忙しくてなかなか食事などに気を配れない…という人には、特におすすめです。サプリメントを有効に活用して、腎臓機能回復の第一歩を踏み出していきましょう。

 

このように、腎臓とむくみには密接な関係があります。
一時的なものではなく、慢性的なむくみに悩まされているのであれば、一度腎臓の健康を意識した生活を心がけてみてくださいね。

 

⇒腎臓に良いサプリメントランキングはこちらから
 腎臓が気になる方におすすめのサプリメント

 

クレアギニンEX

クレアギンEXの説明



 ⇒クレアギニンEXの公式サイトはこちら