MENU

低炭水化物ダイエットは腎機能低下の原因となる場合も!

高たんぱく質な食事は腎機能低下の原因になる?

低炭水化物ダイエットの危険性を話す医師

最近は体重を落とすために低炭水化物ダイエットを始めている方も多く見かけます。低炭水化物ダイエットとは、ご飯やパン、パスタ等の炭水化物を極力摂取せずに、代わりにお肉や野菜を中心に摂取するダイエット方法。

 

炭水化物に比べてカロリーが低めのお肉なら、どれだけ食べても大丈夫と謳うTVや雑誌もあるほどです。また筋力アップの為にプロテイン等の筋肉を作る作用のあるたんぱく質を摂取しているかたは要注意。

 

そんな高たんぱく質摂取を続けた場合、年齢が若いうちは無理が出来る腎臓も、歳を重ねるといつかは悲鳴を上げる事にもなりかねません。

 

腎臓は肝臓に次いで沈黙の臓器と言われ、症状が出た時には絶対安静などによる治療の開始となり、社会生活の中断を余儀なくされます。治療は年単位になり、現在の医療では破損した腎機能は再生する事が無く、悪化すれば透析か移植の道へと進む事になります。

タンパク質と腎臓の知られざる繋がり

口から入ったお肉等のたんぱく質が多いとされる食品は、消化器官で処理され細分化されます。体のエネルギー元にもなる脂質、体の補修に使われるたんぱく質、臓器などのたんぱく質構成をつかさどるアミノ酸、細分化の最終処理物質の尿素。

 

中でもこの尿素は体にとっては非常に有毒な不要物となります。体に不要なこの尿素は、腎臓と肝臓による無毒化作業が行われ後に、腎臓が元気なうちは尿として排出されていきます。

 

しかし、腎機能が低下して、この尿素が排出できず体の中に貯まりすぎると、尿毒症や腎不全と呼ばれる状態に陥り、透析は免れない状態になります。摂取するタンパク質が多いという事は、それだけ尿素を排出する負担が腎臓には加わるわけです。

 

良かれと思ったたんぱく質摂取でも、実は腎臓にとってはとんでもない長時間残業を強いられる社員さんのように、声ひとつ立てず静かに職務遂行を続けている姿を思い出してみて下さい。

 

それが長い間続くとどうなるか想像出来ると思いますが、会社ではなく自分の体の臓器で同じ事が起こっていたらぞっとしますよね。通常の食事の量であればタンパク質を含む食事は体作りに役に立ちますが、過剰摂取は腎機能の低下をまねくので注意が必要です。

 

⇒腎臓に良いサプリメントランキングはこちらから
 腎臓が気になる方におすすめのサプリメント

 

クレアギニンEX

クレアギンEXの説明



 ⇒クレアギニンEXの公式サイトはこちら